ふたつ矢 朝ラーメン

お仕事でお世話になっているふたつ矢さんで

-ラーメンふたつ矢10周年特別企画―

が2月土日祝祭日 9時~11時の2時間限定で行われていますので早速お伺いしました。

ドキドキしながら扉を開けると社長と専務の豪華キャストでのお出迎えで緊張しちゃいました。

席に座ると社長自らお水とこちらのお品書きを持って来てくれました。


今回は非常に素材にこだわって丁寧に作られたラーメンの提供のようです。

色々と食べてはみたいのですが、量があまり食べれないので

今回は

贅沢素材の和風醤油ラーメン

紀州五代庵の高級梅干し

を頂きます。

注文が終わるとまずお通しです。

ソーダ水と春菊の和え物です。流石の味付けでほんとに朝からお酒を飲みたくなっちゃいました。車での訪問のため泣く泣く断念しました。

待ち時間にこちらを撮影 「第1弾」ですから続きがあるんでしょうか?と気になりながら到着をまちます。

着丼です。素晴らしいビジュアルです。

では早速とスープを頂こうと思ったのですが、あれ?レンゲがない! うーん、我慢して麺から行くことにしました。

レンゲはお願いしようかなぁと迷っていてふとどんぶりの下を見るとラーメンどんぶりがキレイなガラス皿に置かれてそこにレンゲが置かれてました。ここらへんも高級感にこだわってますね。

麺ですが、ふたつ矢さんでは珍しい少し柔らかめに茹でられた麺です。

適度な加水率があり伸びが良く喉越しが良い麺です。

スープは最初塩ラーメンかな?と思うような他素材を活かす優しい醤油使いとなってます。

海老ワンタンも丁寧に作られており、メンマは固めの歯ごたえ細めの提供で良い仕事をしてます。

真っ赤なレアチャーシューですが、見えているチャーシューの下にももう一枚あり量的には十分です。しっとりとして美味しいです。

さて1つラーメンには珍しい具材がありますね。

そう。イクラです。このイクラただの飾り程度の物かなぁと思っていたらとても美味しいです。

私もイクラ好きなのでネットでよく取り寄せますが、ここまで美味しいイクラに出会った事がありません。粒がしっかりして一粒一粒がプチプチとした薄味醤油で最高でした。

しっかり素材にこだわってますねー。

帰り際に専務さんに「イクラもこだわってますねー」と伺うとご兄弟の方が鮮魚の卸をされていてそちらから購入して使用してるようです。今度私もイクラ譲ってもらえるように聞いて見たいと思います(笑)

意外と麺量が多く後半厳しくなって来ましたが、綺麗にトッピングされた白髪ネギの爽やかさとスープの優しい味付けでスープ完飲してしまいました。

私がラーメンのスープ飲み干せるお店はあまりありません。

今回のふたつ矢さんのラーメンと 鼎の鶏肉研究所さんのラーメン位です。

とても優しい味付けです。

価格は素材にこだわっているため高価ですが、めったに食べれる物ではありません。

今回のイベント限りの提供なので食べるべき一杯ですね。

高級梅干しも頂きました。

今度はつけ麺狙いで伺いたいと思います。

ご馳走さまでした。最高に美味しい一杯でした。

通常メニューとろ豚骨やこく醤油を筆頭に多数メニュー 「月替りラーメン」どれもレベルは高いです。お客様に楽しんで頂くように色々と考えているようですよ。

場所は飯田市 上郷 国道153号線 レッドバロンの道向かいです。店舗前の駐車場は止めにくいですが、少し離れた所に第2駐車場がありますのでそちらは広いので車気楽に止めれます。

 

設備もだいぶ増えました。

2010設立 8年が立ちました。設備もだいぶ増えました。昇華転写プリント用のプリンターです。おかげさまで止まる事なくほぼ毎日フル稼働しております。

機械の近くに常にいる私はかなりの音量に苦しめられております(笑)

お電話頂くお客様も機械音がうるさく聞き取りにくいかもしれません。

申し訳ございません。なるべく静かな所で電話対応はさせて頂きます。

講習会 2日目

今日は昨日に続き講習会2日目です。

午前中からみっちりと講習が始まります。

昨日の講習会で作ったデータを元に用意しておいたアイテムに指導を受けなら作業します。

たくさんのアイテムが出来上がりましたが、まだまだ初歩段階しっかりとした商品に出来た段階で写真アップします。

今回購入させて頂いた業者さんは弊社からだとかなり遠方の業者さんです。

にも関わらず、弊社就業時間まできっちりと指導して下さいました。

当然講習後帰宅するのでかなり遅い時間になることは分かります。

今回の機械に限らず投資が大きな機械の場合、当然相見積もりや同等品でのお見積りを取ります。その中で検討して購入に至るわけですが、

今回弊社で購入させて頂いた業者さんは発注から、指導、まで非常に丁寧でとても信用性がありました。購入時に金額のわずかな差で安い方へ行きがちですが、今回の弊社の判断は間違いなかったと思いました。

売るだけ売ってアフターサービスが悪い業者も多く有る中、弊社のような小さな会社にはアフターサービスの充実はとても力になり安心感に繋がります。こう言った業者さんがこの先どんどん伸びて行くんだなと思います。

別に弊社で購入させて頂いた業者さん名出しNGなわけではありませんが、今の所伏せさ頂きます。

とっても対応の良い業者さんです。たくさんのお品物も取り揃えていますのでかなりの量の販売をこなしてるんじゃないかなぁと推測します。

発注から設置、講習会本当にありがとうございました。弊社担当部長も喜んでおります。

 

さて

 

 

今後ですが、1月、2月、が弊社比較的仕事が少なくなります。その間により良いお品物でご提供が出来るように試行錯誤し、練習します。

今回の導入は弊社部長から強い提案を受け、検討した結果進行する事になった案件です。

なかなか大変だと思いますが、頑張ってもらいますよ。

しかし、弊社部長さすが、自分から提案して来たこともあってとてもセンスがあるんです。

正直今回はセンスがないと上手く行かないか思います。センス次第でどのようにも変わります。同じ製作方法でもデータの作り方や経験によって仕上がりが全然違います。

今後が凄く楽しみです。

私はセンスが全くありませんので講習会時は講習どころか、機械にも近づきもしませんでした。(笑笑)

講習会が終わったら12月も半ば今年もラストスパートです、おかげさまで非常に込み合ってしまっておりますのでまずは現在の本業に集中します。

講習会 1日目

今日から2日間に渡る講習会が始まりました。

午前中は機械の組み立て 午後は使用するソフトの講習会 このソフトでデータを作る作業で

仕上がりのほとんどが決まります。

みっちりと、とても遅い時間まで丁寧に教えてくれます。

1日目終了、2日目は実際に品物を作って行きますよ。

頑張ります!!

って

講習を受けているのは弊社部長ですがね。

期待してます。

 

 

新ビジネス

さて、いよいよ新しい試み 新ビジネスの準備が整い動き出しました。今日は機械や資材の搬入がありました。思ってたより大きい機械で驚きましたよ。

これ置ける場所あるんか?(笑)

週末には講習があります。しっかり覚えてどんどんこなせるようにしたいです。

(今回のビジネス担当(企画)は弊社部長なので私は講習は受けませんが)

年々機械が増えて行って正直このスペースだとかなり仕事がやりずらくなって来ました。

近々一部増築か移転か考える必要があるかなぁ。

しかし仕事の幅が増えて楽しみです。

ベースボールデザインTシャツ(トナー転写)

ベースボールデザインTシャツ

プリントはトナー転写  このプリント方法は色数が増えても料金に変動はありません。

プリントサイズの大きさ、プリント箇所数、製作数量で金額が決まります。

弊社では状況に応じて一番最適なプリント方法をご提案させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

 

 

チームロゴプリント(持ち込みバッグ)

お子さんが通う剣道部のチームロゴをプリントしたいとご依頼を頂きました。

アップでどーぞ。 しっかり生地に食い込んでます。

 

今回使用したプリントシートは低温圧着用(撥水加工)にも使用出来ます。

バッグやプリント素材が高温に弱い場合低温で圧着出来ます。革製品も低温圧着です。

水着や撥水加工が施された物にプリントする場合は高温圧着です。

ロゴデザインを頂いたのでこちらも弊社サンプルにプリントしました。

ロゴデザインに影をつけてかつゴールドマグカップ使用する事で高級感がありますよ。

ご利用頂きありがとうございました。

 

熱転写後のプレス痕 (圧着後)

先日お客様より昇華転写プリント後プレス痕が気になる旨の連絡をもらったので少しでも不安がなくなるように説明します。

熱転写プリントを行う場合必ず専用のプレス機を使用して圧着作業を行います。アイロンプリントと違い強い圧力を加える事で剥がれのないようにするためです。

そのため熱転写の場合は必ずプレス痕が残ります。

弊社も創業当初よりこの件に関してはかなり調べました。プレス痕軽減シートを使ってみたり他社のサイトを拝見したりして。

ある業者は注意事項に 「最初はプレス痕が気になりますが、洗濯をする内に取れます」との事です。

 

 

私達も作業着を全て自社のプリント製品にして品質の管理や状態を調べておりますが、洗濯を繰り返す事でプレス痕が落ちる事はありません。相当回数を行えばなくなるかもしれませんが。

色々と調べて試した結果

弊社ではプリント後必ずアイロン処理を行うようにしています。

 

1着 1着 専用のアイロン台にセットしてアイロン掛けを行うため非常に手間はかかりますが、

正直アイロン処理をせずに商品として出荷するのは弊社ではありえません。

プレス痕かなり気になると思います。

昇華転写プリントは他転写プリントに比べかなりの高温での転写になるため多少のテカリはどうしても発生してしまいます。こちらは工法上避ける事が出来ませんので事前にお客様に周知して頂く必要はあります。

昇華転写プリント後の画像貼り付けます。プレス痕はわからないと思います。

昇華転写プリントは非常に発色が良くて生地にインクが浸透するプリントなのでプリント後の違和感は一切ありませんよ。

とってもおすすめなプリント方法です。

オリジナルブランケット

弊社ブランケットのプリントもしております。

こちらのブランケットサイズは1000×1400㎜ 特大サイズです。

フルカラープリント印刷もばっちり綺麗に出ますよ。

昇華転写プリントでの製作なので、生地にインクが浸透します。プリント後の違和感は一切ありませんのでとても触り心地も良いです。

弊社ではプリント製作を全て国内で行っております。
体に触れる物でもありますので安心してご提供出来るように

エコテックス規格100をクリアしたインクを使用しております。

繊維製品など、身体に有害な物質が含まれていないことを証明する
全世界共通の試験・認証システムです。
製品分類Ⅰは、肌が敏感とされる36ヶ月までの乳幼児が触れる
繊維製品に対する安全性を認証するものであり、最も厳しい基準です。

デザインは いつもお世話になってるPROJECT.C.K.さん

デザイン・フェスタ出店時に製作しました。インパクトありますよー。

現在業者様から冬コミに向けて 1000×700㎜サイズのブランケット 700枚 ご発注頂いてます。

頑張ってプリントしますよ。